今日をありがたく


4年前のきょうも何気なく普通に生活していた。

翌日起こることなんて誰が想像しただろうか。


地震の後、東京にいたって数日間、食料を手にいれることができず

空いた時間でスーパーやディスカウントストア、ドラッグストアと何件もお店を回った。

それでも働いていた。

何もできない自分がただ不甲斐なく、おろおろするばかりで狼狽えていた。

4年経った今でもそれはあまり変わっていない。



去年、仙台市若林区荒浜へ行った。
知り合いがいるわけでもないが、震災当日の「若林区の路上に200人〜300人の人が倒れている・・・」とのニュースを忘れることができずにいたからだ。

仙台駅からバスに乗り少し手前で降り、7〜8km海に向かって歩いた。
e0242556_22480736.jpg
自分が見ているものがなんなのかわからなかった。


(写真は荒浜小学校)
e0242556_22480793.jpg
e0242556_22480742.jpg
多少の時間が経っていたので建物の撤去が済んではいたが、土台や門柱などがむき出しになっていた。
正直なところ、その時の惨状を自分の想像力では思い浮かべることができない。




ここには人がいた。生活をしていた。

荒浜の再生を願って、黄色いハンカチが風になびいている。
e0242556_22480763.jpg

ランタン拝




[PR]

by montaishi | 2015-03-10 23:36 | 独り言 | Comments(2)

Commented by チーママ at 2015-03-13 19:59 x
よく行きましたね。私はまだ、行く勇気がないです。(出不精だし、ウサウサずがいるから、旅行なんてしないけど:笑)
身内はすべて東北系。それも太平洋側。 阪神よりずっしりと心に思いが沈んでいます。幸い身内はみんな無事だったのですが、いまだ思ってもみなかった生活をする人たちがいる。どこぞの神様は、何を思ってあんな災害を起こしたんだか(--)
Commented by montaishi at 2015-03-14 04:53
チーママ様。fromランタン
自然は手厳しいです。ホントはもっと早くに行こうと思っていたのですが自分の心がくじけていたので行くことができませんでした。被災された方々が今まで通りの生活に戻れることを願うばかりですが、戻れない事実も大人の人間としてわかるわけで・・・まずは「忘れない」「自分の心を風化させない」